仕事を効率化するヒント

仕事の効率化のヒントと役に立ったビジネス書など

図解がわかるたった4つのパターン

 

■図解のフレームワーク


図解は大別して4つしかパターンがありません。
あとはそれの組み合わせです。

それだけ知っていれば、大抵の図解はできます。

まずはそれをおぼえましょう。

 ・構造の図解
 ・フローの図解
 ・関係・属性の図解
 ・変化の図解

たったこれだけ。

■構造の図解


構造というのは、たとえば

 マズロー欲求5段階説
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E7%90%86%E8%AB%96

 システム構造図
 http://www.imit.chiba-u.jp/newsletter/200502/new-system.gif

Wikipediaの図は単純に三角形を横に切ってそれぞれに名前をつけただけ。
でも、下側にあるほど基礎的なもので、最終的には一番上にあるものになっていくという感覚が伝わりますよね。
システム構造図のほうは要素を先で結んで、あるグルーピングを追加したものです。

要するに要素を挙げて、その要素の上下関係またはグルーピング関係を表したものです。
各々の要素はどこに書いても構いませんが、なるべく近くに書くのがコツです。

 

 

■フロー図


これは構造図が矢印で結ばれたもので、影響関係がわかるようになってます。
またはそれぞれの要素自体が矢印の形になったもの。

たとえば、フローチャートはご覧になったことがある人が多いのではないでしょうか。
また、ガントチャートもこの一種です。

こんな図

 業務フロー図
 http://www.nagoya-sc.co.jp/contents/images/consul/it-consul/itconsul-flow.png

この特徴は、要素の書かれる位置に意味があるということです。
たとえば
フロー図は上から下に処理が流れていきます。これをひっくり返してしまうと大混乱です。

業務フロー図は右から左へ業務が流れていく様子が表されています。
これも逆に書くと理解がしにくくなります。

■関係・属性図


これは皆さんよく見られることがあると思いますが、会社の組織図やロジック図などがそうですね。
つまり上(または左)にあるほど下位の機能を包含した上位機能として位置づけられるようなものです。

フィッシュボーンチャートなどもこれです。

上下関係(包含関係)は上から下(組織図)、左から右(ロジック図)、中央から外側(マインドマップなど)に書くのが一般的。フィッシュボーンチャートは右から左。

■変化図


これは時系列で変化するようなもの。簡単な話、EXCELなどで書くチャートがコレに当たります。
横軸には変化の切り口、縦軸には変化の量をとって変化している様子がわかるように書きます。


■図解の時にはどの図を使うかをまず決める


何かを図解しようとしたら、まず全体としてどの図解方法を使うのかを最初に決めてかからないとバランスのとれた図解ができません。

結局パターンとしてはこの4つしか無いのだから、この4つを自在に使えるように練習すると、素早く説得力のある図解をすることができるようになります。

 

■関連する記事

図解のコツ1:カタマリを作る

ホワイトボードに説明を書いてもらったときや、パワーポイントなどにまとめたときなどに「説明が上手いなあ」と思う人と、なにを書いているのかさっぱりわからない人がいます。文章を書くにしても図解をするにしても、こういうのがうまくできるようなコツがあります。過去記事でも何度か触れてますので、ちょっとご参考までに。過去に紹介した図解のコツ3つの習慣part1A4で議論する図解活用のメリットコミュニケーションよりコンバージョ..

図解がわかるたった4つのパターン

図解のフレームワーク図解は大別して4つしかパターンがありません。あとはそれの組み合わせです。それだけ知っていれば、大抵の図解はできます。まずはそれをおぼえましょう。・構造の図解・フローの図解・関係・属性の図解・変化の図解たったこれだけ。構造の図解構造というのは、たとえばマズロー欲求5段階説

仕事効率を上げる基本ルール(ノート・メモ編)

仕事の効率を上げる基本ルール過去記事で、仕事を早く終わらせるためのヒントを幾つか書いてきましたが、これらに基本ルールがあります。この基本ルールは私が適当に書きためたものなので、人によってはこの真逆であったり、ちょっとだけ違ったり、別のポイントがあったりすると思います。ルールを言語化して、チェックリストとして日次/週次レビューの時に振り返ると反省点がたくさん出てきます。その改善をしていくことで自分の仕事の効率向上や成果向上に役立ちます。ルールを書き出して、それをチェッ..

フレームワークに頼ってはいけない

世の中にはいろんな考え方のフレームワークが公開されてます。とくに多いのは企業戦略についてですが、私達がよくよむビジネス書もほとんどは「こう考えるとより高い成果が出せる」というフレームワークのひとつです。見事な図になったものもありますし、文章だけのものものありますが。フレームワークは万能ではないこういうところで示されたフレームワークは、何かの説明をするときに非常に強力です。たとえば、マイケル・ポーターの5F分析。(1)「既存競合..

 

 

■同じテーマの記事

図解のコツ5:配置を試行錯誤する

前回の記事で、カタマリを置くのにルールはない、ということを書きましたが、パターンはあります。ただ、どれを使うと一番いいのか、あるいは自分で考え出さないといけないのか、が経験値に依存しているということです。カタマリを置くパターン前回、カタマリを置くパターンとして、PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネージメント)分析をご紹介しました。その他のパターンですがこんなものがあります。・マトリクス系・SWOT・重要度・緊急度・バブルチャート・サイク..

図解のコツ3:キーワードを抽出する

前回の記事で、図解のための単語の抜き出しの練習方法をご紹介しました。単語を読む新聞の社説でも、自分の仕事に関係ある Web 記事や本いいので、500〜1000文字くらいの文章を選んでください。そして、付箋にそこに出てくる名詞をメモ帳に一件一葉で抜書きしてください。名詞以外は無視していいです。これを毎日、1ヶ月続けてみてください。私はこれを「単語を読む」と呼んでます。文意を把握するたぶん、これをやり続けていると、ちょっ..