仕事を効率化するヒント

仕事の効率化のヒントと役に立ったビジネス書など

上司を制御する

 


最近になってよくこんな仕事術を聞くようになりました。

 上司を操縦せよ
 Manging your BOSS

※おそらくハーバード・ビジネススクールが出典ではないかと。

ここでは、Manageに「操縦」という訳語を当てましたが、「制御」「管理」まぁなんでもいいです。

要するにうまく上司を扱えば、「自分がハッピーになれるよ」ということだと考えています。

でも、これ具体的に言えば何をすることかわかります?

実は色々あります。


普段私がやっている上司の操縦法をご紹介します。

■上司を頼る


とにかくこれが一番大事。

上司が年上であれ、年下であれ、上司は上司として「プライド」があります。そのプライドをくすぐることです。

自分が抱えている問題や上司から指示された課題に対して

 「自分としては××と考えたのですが、どうでしょうか?」
 「対応方法として3つあると思いますが、どの方法が現実的でしょうか?」

など、とにかく判断する仕事を上司に渡してしまうことです。
ただし、上司は選択する、Go/NoGoを言う以外のことはさせてはいけません。
また、上司が何か行動をしないといけないような頼り方もいけません。

その場で考えて、「これで行こう」と言ってもらえるような相談をすることです。

 

 

■上司の気にしていることを気にする


上司は、あなたより一段上の組織を管理しています。したがって、あなたの担当業務に直接的な興味はありません。組織として期待通りの成果が出せるのであれば、別にどのような方法を取っても気にしません(一部の上司は細々とやりかたも気にする場合もありますが)。

ですので、あなたは上司になったつもりになって、組織の課題を考えましょう。また、上司がなにか発現するときには、何を気にしてそういう発言をしたのかという「裏」を読みましょう。
ただし、それを上司に言ってはいけません。

そして、自分の抱えている担当業務の課題解決が、上司の考えている課題解決に関連するような解決方法を考えることです。

上司の課題は、簡単に言ってしまえば部下の課題の集合体です。つまり、100%でなくともあなたの仕事がスムーズに進めば、上司の課題の何%かは解決するんです。

で、何かのタイミングで(上司と話をしている時の余談の1つとして)、上司に「この(上司が抱えている)課題は××の方法で解決に近づくことが出来る」というのを提言します。この時、あまり直裁的に課題について触れるのではなく、ちょっと稚拙な(範囲の狭い)課題提示と、考えている自分の作戦をちらっと話すことです。

何度も話しているうちに、上司にその解決方法が刷り込みをされます。

上司の上司から「あの課題はどうなった」と訊かれた時に、とっさにあなたの言っていた課題対応方法が口をついて出ます。

■上司の力を借りる


上司の力として一般的には

 ・自部門内の統率力
 ・他の部門・他グループへの影響力
 ・根回しの力
 ・方針決定能力(部門の方針を決めること)

があります。これはあなたより上です。

「他の部門に××を依頼したい」ですとか「××のプレゼンをしたい」などという時に、事前に相談して置くことです。おそらく上司は「もっと詳しく」と聞いてきます。
そこで、詳しく話をして、上司に上記のような力を発揮してほしいと暗に依頼することです。
直接的に「××をしてください」と言うと、「面倒くさいなぁ」と思ってしまうので、「暗に依頼する」のがいいですが、これは上司の理解力次第で使い分けてます。

■仕事の種類を考える


仕事には「自分にできる仕事」と「自分にできない仕事」の 2 つしかなく、できないことはほかの人にやってもらうほかありません。

そのようにシンプルに考えれば、自分の仕事がもっとラクになるはずです。できない仕事への心理的負担が半分になり、できる仕事は倍楽しくなる。つまり他人の力を借りることで、仕事は

 ・楽になる
 ・楽しくなる

のだと思います。

 

■同じテーマの記事

記憶術:赤のサインペンで書き写す

なにかを記憶したいというときに、使えるのが赤のペンで大きな字を書くというやりかた。「赤」というのは、多くの動物にとっては、「血」の色を連想させます。つまり、そこに着目が行きやすい色です。だから、大抵危険を知らせるような重要なものには赤が使われているんですね。もうひとつは、大きな字です。この記事でも、大きな字を使っていますが、目立つでしょ。結局、目立つものは記憶に残りやすい、というルールをつかって記憶に残す方法です。赤..

一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門(要約)

「コールドリーディング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?コールドリーディングとは、占い師や詐欺師がいかにも「あなたの全てを知っている」かのように相手に錯覚させるための技術です。実際、ある程度のトシになれば、それなりにこれに近いことはできるようになりますし、部長・役員級のひとであれば、「誘導質問」みたいな技術として使っていることもあります。コールドリーディングがもたらしてくれるもの・相手のほうから積極的に話してく..

一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門

「コールドリーディング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?コールドリーディングとは、占い師や詐欺師がいかにも「あなたの全てを知っている」かのように相手に錯覚させるための技術です。実際、ある程度のトシになれば、それなりにこれに近いことはできるようになる人も見えますし、部長・役員級のひとであれば、「誘導質問」みたいな技術として使っていることもあります。コールドリーディングがもたらしてくれるもの・相手のほうから積極的に..

文章校正のためのセルフチェックリスト

私は、頭のなかで考えるのが不得手なので、いろいろなチェックリストを作って Excel に書き出していて、色んな場面でこのチェックリストを見ながら、抜け漏れがないかをチェックしています。メールなどでも、報告書を出すときにでも、読みやすい文章を書くために、普段から文章は一度書いてから推敲する時間をとるようにしています。そんなときに役に立つのもチェックリストです。これがあると、ちょっとした枝葉末節の部分にとらわれずに、効率的に..

記憶術:応用を考え自分の現実に当てはめる

教えられたそのものを記憶していれば、高得点がとれた学生時代と違い、社会人の勉強は、本に書いてあることを完璧に覚えていても意味をなしません。使えない知識はないのと同じです。使える知識を蓄えるために、記憶をしようと思ったら、使っている場面を想定することです。応用できるか?たとえば、有名な「マズロー欲求5段階説」というものがあります。欲求段階説(よっきゅうだんかいせつ、..

角砂糖効果

「角砂糖効果」とは、疲れたときに角砂糖を食べると元気が回復する…という効果のことではありません。「連続したものを不連続なものにすると管理がしやすくなる」という意味で使います。元ネタは『脳を活かす!必勝の時間攻略法』から。連続したものは管理がしにくい確かに考えてみれば、連続しているものは、管理がちょっと面倒です。たとえば、本書にあるような「時間」。時間は、一般レベルでは最小単位は1秒で、それがず〜っとつながって1時間、1..