仕事を効率化するヒント

仕事の効率化のヒントと役に立ったビジネス書など

forfilesで古いファイルを処理する

 


PC は使っていると、もう使わないようなファイルが溜まっていきます。

 フォルダの同期・バックアップ方法4:FireFileCopyを使って履歴バックアップする
 バックアップ

に書いたように、私は自分が編集したファイルは全てファイルを履歴付きで別フォルダにバックアップを取っています。過去10年近くに渡ってファイルが残っています。


さらに、自分でツールを作るので、そのデバッグやバックトレーサビリティのために、それらのツールは、結構な量のログファイルを作ります。
特に、自動的にバックグラウンドで実行しているようなツールは、

 UWSC170224.log
 UWSC170225.log
 UWSC170226.log
   :
 UWSC170230.log

みたいに、日付をキーにして別ファイルを作ってます。

■ファイルを消すタイミング


どういうタイミングで消しているかというと、以前は「気がついたときに」というのが多かったです。

最近のハードディスクは大容量なので、たかだがログファイルごときでディスク領域を圧迫するということはあまり感じなくなりましたが、性格的に「不要なものがある」というのが気持ち悪いので。

直近のデータは必要になるかもしれないので、消すのは原則古いファイルだけにしてます。
どのくらい古ければもういらないのかというと、それはファイルごとに異なります。

たとえば、このブログに投稿するのに使っているツールのログは、ちゃんと登録できたかどうかを確認するのが1週間位遅れることがあるので、マージンを取って2週間とか。

 

 

■古いファイルを探して出してくれるツール


やっと本題ですが、古いファイルを探し出すツールは、Windows7以前は、自分でツールを作ってました。ある特定の条件を満たすファイルを探し出すように、全フォルダを総なめして、その結果をパラメータで指定したコマンドに与えるようなツール。

Windows7 以降は、このコマンドが使えるようになったので、不要になりましたが。

 forfiles

使い方はいたって簡単で、

 forfiles /d -4 /c "cmd /c del @file"

ってやっていやると、現在のフォルダから 4 日以上変更されていないファイルを探し出して削除してくれます。

 フォルダの同期・バックアップ方法4:FireFileCopyを使って履歴バックアップする

で書いたように、ffc.exe を使うと、古いファイルは別名(私の環境設定では、_sync(日付) をファイル名に追加)して保存されているので、c:\usr\@backup (私の全てのファイルがバックアップされているフォルダ)で、これを検索しやるには

 forfiles /d -120 /p c:\usr\@backup /m *_sync*.txt /c "cmd /c del @path"

で120日(約3ヶ月)以上前の履歴ファイルだけ削除してくれます。

■forfiles の使い方


forfiles コマンドの使い方は、

☆――――――――――――――――――――――――――
C:\>forfiles /?

FORFILES [/P パス名] [/M 検索マスク] [/S]
[/C コマンド] [/D [+ | -] yyyy/MM/dd | dd]

説明:
ファイル (または、ファイルのセット) を選んで、そのファイル上のコマンドを実行します。これはバッチ ジョブの使用に便利です。

パラメータ一覧:
/P パス名 検索を開始するパスを示します。
既定のフォルダーは現在実行中の
ディレクトリ (.) です。
――――――――――――――――――――――――――☆



詳細は次回につづく。

 

■同じテーマの記事

バッチファイル・コマンドラインでゴミ箱に送るフリーソフトGB

バッチなどのコマンドラインで、ゴミ箱経由で削除するには GB.exe というツールを使うとゴミ箱を経由した削除ができるようになりますゴミ箱の効用と問題点エクスプローラなどで、ファイルを削除するとゴミ箱にファイルが入ります。これは誤って削除してしまったときや、あとになってやっぱり必要になった、などのときに地味に便利な機能なのですが、バッチファイルなどで自動化していると、この機能が使えません。Vector や市販ソフトなどで、削除してしまったファイルを復活させる..

PC環境のレビューをする

以前はハードディスクの信頼性が低かったため、よく故障しました。イマドキのPCは、故障する確率が低くなってはいますが、やっぱり物理的に動作しているものは、劣化したり故障したりします。仕事において、社内のシステム管理をしている関係上、そういうところに敏感なのかもしれません。なので、過去記事常にバックアップを作っておくバックアップなどで書いたように、同じデータをあちこちに持っています(たいていは5箇所くらいなのですが、さすがにこれはやり過ぎ、という自覚はあります..

PC環境のレビューをする

以前はハードディスクの信頼性が低かったため、よく故障しました。イマドキのPCは、故障する確率が低くなってはいますが、やっぱり物理的に動作しているものは、劣化したり故障したりします。仕事において、社内のシステム管理をしている関係上、そういうところに敏感なのかもしれません。なので、過去記事常にバックアップを作っておくバックアップなどで書いたように、同じデータをあちこちに持っています(たいていは5箇所くらいなのですが、さすがにこれはやり過ぎ、という自覚はあります..

デスクトップからワンドライブフォルダにアクセスする

Windowsを使おうとするとマイクロソフトにサインアップされるように促され、勝手に OneDrive がくっついてきます。せっかくあるものなので、使わないと損。というか、「骨までしゃぶりたい」のが貧乏人のサガなので、徹底的に使いまわすことにしています。OneDrive に入れるデータOneDrive は、データを上書きしても自動的に履歴バックアップを取っていてくれるので、よく変更するファイルはここにおいておくと、「間違えて上書きしちゃった」みたいなときに助..

電車に乗ったら奥に行く

電車に乗った時にどこに行きますか?私の感覚だと、出入り口で立ち止まる人が多いですね。電車は奥のほうが空いている逆に言うと、電車の奥のほうというのは、みんな行きたがらないんです。相対的には空いてます。通勤中に本を読んだり、何かしようと思うならぎゅうぎゅう詰めのところより、人と人の間が少しでも空いている方が楽です。当たり前ですが。おそらく多くの人は、電車が目的の駅に停まったらすぐ降りられるように出入り口に立ち止まるのでしょうけど、出入り口近くにいても、改札まで無人状態で..

forfilesの使い方

もう使わなくなったバックアップファイルは、削除しておくとハードディスクの容量にも、精神衛生にもちょっと良いかも。ただし、使う可能性のあるファイルを削除はしたくないので、一定期間以上編集しなかった、という条件で削除すると便利かと。これを実現するコマンドが forfiles。本日は、この forfiles の説明。パラメータ一覧FORFILES [/P パス名] [/M 検索マスク] [/S] [/C..