仕事を効率化するヒント

仕事の効率化のヒントと役に立ったビジネス書など

確証のワナ

 

「確証のワナ」というのは、以下の本に紹介されている言い回しです。

★――――――――――――――――――――――――――――
わたしたちはみんな、世の中の流れや自分の将来、今後の経済の状況、投資先の発展、仕事の成功など、あらゆることを推測しなければならない環境に置かれている。
予想せずに生活することはできない。だが、その予想があいまいであればあるほど、「確証のワナ」の影響を強く受ける。

「人間はもっとも優れた生物だ」と考えている人は、その考えが正しいことを示す証拠を見っけようとする。「人間はもっとも劣った生物だ」と考えている人も同じように、その証拠を見つけようとする。優越感に浸っている人も劣等感を抱いている人も、「反対の証拠」をフィルターにかけて取り除き、自分の考えが正しいことを証明する情報ばかりを手に入れようとする。

占い師も経済専門家も、同じ原則にしたがって行動している。往々にして、彼らの発言は非常にあいまいである。あいまいにすることで、予測がよく当たると思わせようとする。「数週間以内に悲しい体験をするでしょう」「中期的にドル安圧力が高まる」といったような、実際には何を意味しているのかわからないような表現を使うのだ。

こいつした状況を打破するにはどうしたらいいのだろうか? イギリスの文芸評論家、アーサー・キラー=クーチは、こう言っている。

「お気に入りを殺せ」、つまり「自分の好きな言葉や考え方を手放せ」という意味だ。響きは美しいが余計な言葉をだらだらと書き連ね、短ぐまとめるのに苦労している物書きにかフってつけのメッセージである。そしてクーチのこの言葉は、下手な物書きだけでなく、すべての人に当てはまる。

結論―「確証のワナ」と闘おう。世の中に対する考えをはじめ、結婚生活や健康やダイエットといったプライべートなこと、投資や出世のための手段など、どんなことでもかまわない。まず、自分の考えを書き出そいう。それから「反対の証拠」を探してみよう。お気に入りの考えを消し去るのはつらい作業だ。しかし、教養のあるあなたなら、それを避けては通れない。

ロルフ・ドベリ著  『なぜ間違えたのか
――――――――――――――――――――――――――――★



これについては、ドラッカー初め様々な人がいろんな言い回しで注意喚起していますが、結構難しいですね。

要は、

 「多分こうだ」と思った時点で、それを補強するような情報ばかりがみえるようになる。そのうちに「多分」が「確実に」となり、最後は「絶対に」になってしまうんですが、実はそうではなかった。

という失敗を指しています。

これを回避するためには、

 反証を探せ

というのを義務化しないといけません。

それも、まだ「多分」と思っているうちに
なぜかと言うと、「確実に」とかいう段階になると、反証が見つかっても、「これは例外」「レアケース」とかいう言い訳を付けてしまいます。「例外」という言葉が明確に線引が出来るものではないので、そう思えばそれが事実として受け入れられてしまいます。

 

 

■説得するためには説得されない理由を探す


私がなにかのプレゼンをして、人に行動してもらおうと思うときには、プレゼン資料を作ったあとに、このチェックリストを使って確認をしています。

 1.原因→理由→根本原因でそれに反する事実を集めたか
   その事実はなぜ例外だと言い切れるのか
 2.対策が不適切な理由を考えたか
   その効果のメリット・デメリットを示せ
 3.全く逆の対策を立てる
   その対策が今の対策より悪手である理由を示せ
 4.これによってデメリットのある人はだれか、その理由はなにか

つまり、ある説得に対して反対する人は

 ・原因が真因ではない
 ・対策に効果が無い、またはうまくいかないリスクがある
 ・対策によって不利益を被る

のいずれかの理由で反対します。概ねそれ以外の反論は枝葉末節の問題ですので、割合簡単に論破できますが、この3つは正面突破するのは難しいです。ですので、これを言われても慌てないだけの準備が必要です。

 「この提案は完璧だ」

と思えば、問題点は発見できないんですね。でも実際には神ならぬ身の浅はかさ…。

問題点を発見するためには、「もし自分がこのプレゼンに突っ込むとしたら」という立場に置き換えて反対理由を探さないといけないということです。

このチェックリストを使うようになってから、プレゼンや討論の場で「まごつく」とか「アタマ真っ白」なんてことが少なくなったような気がします。



■参考図書 『なぜ間違えたのか



立ち読みできます立ち読み可
わたしたちはよく、誤った判断を下してしまう――。
自分を過小評価するよりも、過大評価することのほうがはるかに多い。
何かを手に入れるときよりも、失う危険があるときのほうが、はるかに素早く反応する。
このような傾向を知っていると、自分の行動がどんな間違いにつながるかを予測できるようになる。
本書ではそんな、誰もが陥ってしまう「思考の落とし穴」を52項目、ユーモアあふれるイラストとともに、切れ味鋭く解説する。
世界各国で話題となっているドイツ発のベストセラー、待望の邦訳!

 

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

なぜ間違えたのか
著者 :ロルフ・ドベリ

なぜ間違えたのか
検索 :最安値検索

なぜ間違えたのか
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 確証のワナ
 ご褒美は日曜日に
 自己管理能力を上げる方法
 成功者をマネても失敗する
 一枚岩チームに所属しない
 最初からうまかったからプロになる
 見えているけど見えない反証を見なさい
 サンクコストの誤判断を避ける方法
 なぜ、間違えたのか?

●このテーマの関連図書


ライト、ついてますか―問題発見の人間学

畑村式「わかる」技術(講談社現代新書)

ブレイクスルーひらめきはロジックから生まれる

嶋浩一郎のアイデアのつくり方(ディスカヴァー携書)

Q思考――シンプルな問いで本質をつかむ思考法


 

■同じテーマの記事

確証のワナ

「確証のワナ」というのは、以下の本に紹介されている言い回しです。わたしたちはみんな、世の中の流れや自分の将来、今後の経済の状況、投資先の発展、仕事の成功など、あらゆることを推測しなければならない環境に置かれている。予想せずに生活することはできない。だが、その予想があいまいであればあるほど、「確証のワナ」の影響を強く受ける。「人間はもっとも優れた生物だ」と考えている人は、そ..

ご褒美は日曜日に

将来の夢や望みを実現するために、毎日コツコツ努力することが必要。わかってはいるんですが、それほど意思が強いわけでもないですし、二宮金次郎じゃないんだから、年から年中質素・倹約・努力なんてやってられません。別に日本を代表するビジネスマンになりたいわけでもなく、まぁ会社である程度の地位まで行って、貯金と退職金で老後に困らないだけの生活ができれば、程度のことであれば、実際それほどのことも必要ないのかもしれません。目先の利益の..

リスクマネジメント:4つのリスクに備える

仕事をする上で、予定通り物事が進んだためしがありません。かならず何かの問題があります。これを事前に、可能な限り検討しておくことを「リスクマネジメント」と呼びます。ところが、結構このリスクを考えられない人がいます。私が勝手に「猪突型」と呼んでいる人たち。なるべくならこういう人と一緒に仕事をしたくないんですけどね。猪突型の人は、自分がやろうとしたことがうまくいくことしか考えてません。40年も前の高度経済成長期だったら、頑張れば何かし..

仕事が完了したらすぐに次の仕事にとりかかる

なにかのプロジェクトを任されていて、そのプロジェクトが成功裏に完了した。「あ〜。やれやれ。疲れた。でも我ながらうまく行ったなあ〜」頑張ったことでもあるし、うまく行った気持ちのいい余韻もあるので、ちょっとお休みが欲しくなりますよね。ちょっと一服するか…と、これが危ない。私は、基本面倒くさがりでズボラなので、一服すると、その一服が二服になり三服になり…。気が付くと「この所何もしてないじゃん」になっちゃう。成功の公式前回の記事..

自己管理能力を上げる方法

私は自分で決めたことを守ることは不得手です。逆に、他人に決められたルールを守るのはわりとできているのではないかと思ったりしています。たとえば、交通ルール。赤信号で交差点に突っ込んでいってはいけない。車は左側通行。※まあ、多少の逸脱はあるかもしれませんが。これが、「毎日腹八分目にしよう」とか「毎日、ストレッチをしよう」「毎日本を読もう」みたいな自分決定ルールだと、よく持って一週間。下手をしたら翌日にはもうなかったことに。自己管理..

成功者をマネても失敗する

あまり、私ごときがいうことはありませんが、いかの部分は、セミナーやビジネス書、成功者の自伝書などを読むときに意識していることです。生き残りのワナ日常においては成功が失敗よりもはるかに目立つために、成功への見通しを甘く見て過大評価してしまう。このことを、[生き残りのワナ」と呼ぶ。その世界の内側の様子を知らない一般人は、彼のように錯覚を起こす。成功の可能性がごくわず..