仕事を効率化するヒント

仕事の効率化のヒントと役に立ったビジネス書など

CTRL+ALTキーを定義する

 


だいたい、仕事で使うアプリって決まってますよね。私の場合

 ・Microsoft Excel, PowerPoint
 ・マインドマップ
 ・テキストエディタ
 ・Webブラウザ(Internet ExplorerGoogle Chrome)

さらに、これらで開くファイルも、よく使うものがあります。

■ワンタッチで開けるようにする


Windows では、

 CTRL+ALT+どれかのキー
 Win+数字キー

っていうのはユーザが定義できるように開放されてます。固定のものもありますが。

素早くアプリを使えるようにするためには、いちいちマウスで「スタートメニュー」を押しマウスを上下させてアプリを探すよりも、ワンタッチでアプリが開けるようにしてしまう方が圧倒的にお得です。

◆Win+数字キー


過去記事

 PC操作を早くする4:ウインドウをキーボードで操作する

で紹介した方法です。

ウインドウのタスクバーにアプリを「タスクバーにこのプログラムを表示する」の設定をしてやれば、「WIN+数字キー」(数字はタスクバーの左から数えたアプリのアイコン位置)で起動できるようになります。

ただし、この機能はファイルに対しては使えませんので、アプリ限定。

 

 

◆CTRL+ALTキー


ワンタッチでファイルを開くには、

 ・デスクトップにショートカットを作成する
 ・ショートカットのプロパティでショートカットキーを定義する

というやり方が使えます。

◆ランチャーのホットキー


「ランチャー」と呼ばれるアプリを使うと、さらにいろんなショートカットキー(これは「ホットキー」と呼ばれるみたい)を定義することができます。ファイルやアプリだけでなく、ちょっとした動作(あるファイルを開いて××する)なども定義可能です。
私は、AutoHotKey, ArtTips というアプリを使って、ワンタッチでファイルやアプリを立ち上げられるようにしています。

■キーは配置で決めなさい


どのファイルやアプリをキーボードの何に対応させて起動できるようにするか、は結構気を使って極めないといけません。というのも、押しにくいキー・思い出しにくいキーを多用するような設定では、せっかくの効率化がストレスになってしまうからです。

私は次のようなルールを使ってます。

 ・使用頻度が高いものは、右側のキーに割り当てる
 ・対象のアプリやファイルの先頭文字をショートカットキーにする

順番があります。使用頻度が高いかどうかを最優先しています。
あとで使用頻度が高いことがわかれば、キーの配置を変えることも結構あります。

この理由は、CTRL と ALT の2つのキーは左手でおすから。

たとえば、CTRL,ALT,A の3つのキーを同時におそうと思ったら、左手をちょっとひねらないとできません。これが、CTRL, ALT, K ならひねらなくても押せますよね。それだけ、打ち間違いが少なくなります

第2のルールは、覚えやすさです

文字列をペーストするときには、CTRL+V を使いますね。これが習慣になっていれば、CTRL+ALT+V はペースト系の拡張機能にすれば、忘れません。マインドマップなら、先頭文字(MindMap の M)をとって、CTRL+ALT+M と決めておけば、反射的に押すことができるようになります。

◆よく使うものには、押しやすいキーを


本当は、「覚えやすさ」だけで統一できればそれに越したことはありませんが、CTRL+ALT と左手で押す文字キーは組み合わせとしては押しまちがいし易いんです。

なので、使用頻度が高いキーコンビネーションは、両手を使うようにしたほうがお得。

ということで、ペースト系のショートカットキーは、CTRL+ALT+K にしてあります(ArtTipsの設定)。
仕事のログを書く日誌のテキストファイルは、CTRL+ALT+U で開きます。

もしショートカットキーを使っていない人は、いちど定義して使ってみてください。仕事効率が格段に良くなります。

もしショートカットキーをすでに活用している方は、ショートカットキーの位置を考え直してみてください。左手をひねって使わないといけないとか、ブラインドタッチで使えない(キーボードに目を落とさないといけない)みたいになってませんか。

ちょっとした工夫で、パソコン操作はものすごく早くなります。

 

■同じテーマの記事

ウインドウを閉じる操作を素早くする

Windows でウインドウを閉じるときに、右上の×ボタンを押して閉じてますか?まぁ、その直前にマウスを操作していたのであれば、ついでにマウスでこの×ボタンをクリック、というのも理にかなってますが、キーボード操作のほうが実は素早くできます。たぶん、多くの人がこのキーの存在は知っているでしょう。ALT+F4※ALT キーを押しながら W キーを押すこれを押すと現在アクティブなウインドウを閉じてくれます。もちろん、編集中のファイルはちゃんと保存してから。※過去にひとつ..

マウスに触らずに右クリックする方法

マウスの右クリックって、意外とよく使います。左クリックは、それを選択したり、それにむつ美付けられているアクションをするのですが、あるひとつの動作しかできません。これに対して右クリックは基本的に、その対象に対してできる操作を全てリストにして表示してくれるので、普段と違うことをしようとするとどうしても右クリックを多用することになります。マウスに触るな過去記事でも何度か書いてますが、私はマウス操作が嫌いです。理由は、キーボードに手をおいた状態でマウスを持とうとすると当然キ..

CTRL+ALTキーを定義する

だいたい、仕事で使うアプリって決まってますよね。私の場合・Microsoft Excel, PowerPointマインドマップテキストエディタ・Webブラウザ(Internet ExplorerGoogle Chrome)さらに、これらで開くファイルも、よく使うものがあります。ワンタッチで開けるようにするWindows では、CTRL+ALT+どれかのキーWin+数字キーっていうのはユーザが定義できるように開放されてます。固定のものもありますが..

PCが遅い時の対処方法2:原因を探して対策する

「どうも最近、PCの動きが遅い」LinuxMac だとないのかもしれませんが(それほど使い込んでませんので知りません)、Windowsというのは、使っているうちにだんだん遅くなるというのは有名な話。買った時には、サクサク動いて感動だったのに、使っているうちに慣れてきたせいなのか、PCが遅くなったのかは分からないですが、感動はすっかりなくなり、PCのもっさり感に「ええいっ!とっとと動け!人間様をまたせるとは何事だ!」などと、キーボードにあたっても、実際何の効果も..

プログラミングを覚える

おそらく仕事のうち、かなりの時間はPCを使っていると思います。PCの操作が素早ければ、それだけ仕事の効率化ができます。そのためには、ブラインドタッチやキーボードショートカットなどを覚えるといいということを過去記事で何度か書いていますが、その最も効率の高いのは、PCに作業をさせることです。PCに、「これやっとけよ」と言ったら、やっておいてくれると、自分のする作業はほぼゼロになる。そのために必要なのは、PCにある作業の手続きを教えておくことです。世の中では、これをプログラ..

CTRL+N,O,P,Sを使う

ExcelやWordだけでなく多くのソフトでは同じようなショートカットが使えます。そのなかで覚えておくと便利なショートカットキーがCTRL+NCTRL+OCTRL+PCTRL+Sです。ファイルの操作はほぼ共通殆どのアプリでは、この機能は共通です。CTRL+N:新しくファイルを作るCTRL+O:既存のファイルを開くCTRL+P:印刷するCTRL+S:保存するという機能です。ファイルを開く操作会社でよく見かける操作でファイルを開こうとするときにはファ..