仕事を効率化するヒント

仕事の効率化のヒントと役に立ったビジネス書など

近道をする-その2

 


以前の記事で以下のことを書きました。

▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼
どこの誰だったか忘れちゃいましたが、こんな事(記憶なので、間
違いが多いかも)が書いてあるページを見た記憶があります。

★――――――――――――――――――――――――――
私は近道が大好きだ。
何ごとも簡単にできるに越したことはない。

私も怠け者は好きではない。
努力は尊いものだということも理解している。

だが、すぐそばにロープウェイがあるのにわざわざ自分の足で山に
登っても特別な勲章には値しない。
――――――――――――――――――――――――――★



これは読んだ時に「まったくその通り」と思ってしまいました。

▲━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲

これ、発見しました。なんとダン・ケネディの著書でした。



常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学


ここにこんな記述がありました。

 

 

★――――――――――――――――――――――――――
忍耐を重んじる考え方は、実に有害だ。この忍耐の倫理のおかげで、もっと簡単なやり方があるのに、わざわざ難しい道を選ぶのがあたかも立派なことのように言われている。私たちの社会は、苦行礼賛の社会になってしまった。
私が勧めたいのは、いちばん簡単な方法で目的を達するという発想だ。私は近道が大好きだ。何事も簡単にできるにこしたことはない。他のビジネスマンが交通渋滞にいらいらし、重いスーツケースを引きずって右往左往し、面会先の応接室でじりじりしながら待っているのを尻目に、木陰のハンモックに寝ころんだまま、レモネード片手に携帯電話でやりとりするだけで目的をなし遂げられる人がいれば、その人に拍手喝釆を送りたい。
勘違いしないでほしい。私も、怠け者は好きではない。なにもせずになにかを手に人れようという人問は大嫌いだ。勤労の尊さもわかっている。だが、すぐそばにエレべーターがあるのにわざわざ自分の足で山に登っても特別な勲章には値しない。
――――――――――――――――――――――――――★



でした。

   山にエレベータって………
   アメリカって…


というツッコミはさておき、ここで述べられていることは全くその通り。特に日本人は、「苦労すること」を礼賛する傾向が強いようなので、つい、

 「頑張った自分を褒めて(以下略)」

的な発送をしてしまいがちですが、「頑張らずに達成できる」のであれば、そっちのほうが断然いい。
だから、

 「最小の労力で目標を達成した自分を褒めて(また以下略)」

といえるようになりたいですね。

この本は、また近いうちに、要約を掲載したいですね。
どれも、私が時々書いている、

 「成功者本は建前しか言わない

を成功者になるための手段として書きだした1冊でした。

神田昌典氏の「非常識な成功法則」とならぶ、成功者になるための本当の方法の『一部』が書かれた1冊ではないかと思います。


■参考図書

 

◆アマゾン



常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学

「非常識な成功法則」はアマゾンに新品がありません。

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣


楽天

 

常識の壁をこえて

常識の壁をこえて
著者:ダン・S.ケネディ
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



非常識な成功法則

非常識な成功法則
著者:神田昌典
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

 

 

■関連する記事

初手、王手飛車取り!

本日は、具体的なスキルの話ではなく、心構えのお話。心構え、基礎学習なにをするにしても、かならず「心構え」が必要と言われます仕事というのは、社会に真摯に貢献するという気持ちで向かいなさい社会人としての自覚と責任をもって臨みなさい感謝の気持ちを持つことが大切自分のやったことに誇りを持ちなさいまた、何かを学ぼうというときには、まず基礎的な理論をしっかり身につけて、応用はそれからみたいなことも。それ自体は理解できますし、私自..

非常識な成功法則

今週は、夏休みに読みたいビジネス書の紹介です。本日は、これは読まずにビジネス書を語るべからずとおもっている(以前紹介した)本。非常識な成功法則神田昌典ずいぶん古い本ですみません。神田昌典氏の出世作ですね。元ネタを使いまわしているようですが、結局たくさんのビジネス書を読んでも、本当に「これは、何度も読み返したい」という本は数えるほどしかありません。それは自分の課題認識によって人それぞれなのかもしれませんが、このブログでは、沢山の本を紹介することではなく、自分..

近道をする-その2

以前の記事で以下のことを書きました。どこの誰だったか忘れちゃいましたが、こんな事(記憶なので、間違いが多いかも)が書いてあるページを見た記憶があります。私は近道が大好きだ。何ごとも簡単にできるに越したことはない。私も怠け者は好きではない。努力は尊いものだということも理解している。だが、すぐそばにロープウェイが..

近道をする

私は基本怠け者です。何をするにしても、楽にできる事のほうが好きです。どこの誰だったか忘れちゃいましたが、こんな事(記憶なので、間違いが多いかも)が書いてあるページを見た記憶があります。私は近道が大好きだ。何ごとも簡単にできるに越したことはない。私も怠け者は好きではない。努力は尊いものだということも理解している。だが、すぐそばにロープウェイがあるのにわざわざ自分の足で山に登っても特別な勲章には値しない。..

「努力しなければ」をやめる

「うまくできなかった。もっと努力しよう」仕事(作業レベルですが)に限らず、スキルが必要なものでうまくできなかったときに、多くの人がこう考えます。努力すること自体を否定するつもりはありません(大事だと思ってます)が、「努力する」という言葉に具体性がないので、なんだか滝に打たれる修業をするみたいな気が…。まぁ、趣味でやるならいいですけど、仕事は修行ではないので、できたら楽して結果を出せないものかと。努力しない方法私はあることを思..

魚の目―フローを見る力5:3つの力を活用する

前回の記事で、「魚の眼フローの視点」を身につけるための「3つの力」について、簡単に説明してきました。・作用と反作用・慣性・貯めと開放この3つが掛け合わさって、殆どの出来事が起きてます。今回は最後に、その3つの力をどう仕事に生かしていくかについて、ご紹介します。3つの流れを利用する単に「魚の眼」をもっても、魚が川の流れを逆に出来ないように、自分のどうにもならないことがわかっ..

 

 

■同じテーマの記事

上達のコツは続けること、続けるコツは続けること

このサラヒン〜サラリーマンの仕事のヒントを始めてからなんと5年が過ぎました。その間、シゴトコンパス〜サラリーマンの仕事の羅針盤を始めたり、メルマガを始めたりと、我ながらよく続いたなぁ、と思ってしまいます。以前は自己評価では「3日坊主」だと思っていたのですが、驚いたことに、ほぼ毎日記事を書くことができています。※公開作業は平日にはやれないので、土日にまとめて5記事をアップする方法を取ってますが。案外、やってみればできるのかも、ですね。続けるコツもちろん、10年..