仕事を効率化するヒント

仕事の効率化のヒントと役に立ったビジネス書など

勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する

 

社員の評価をするときに、「いろいろなことを勉強している人」と言うのはどのように評価されるでしょうか。

社長は君のどこを見て評価を決めているのか?』という本に、「経営者は勉強好きの社員をこう見ている」という一文がありました。

★P137〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●経営者は勉強好きの社員をこう見ている
経営者は勉強好きの社員を「積極的でいい」と評価します。

ただし、仕事の成果に直接関係のない勉強に励んでいる社員を評価しない経営者もいます。

 資格を取ったり、セミナーや講演に参加したりする意欲は買うけれども、海外に支社や支店がない会社の社貝が、ビジ不ス英会話の勉強をする必要はない。
 趣味で勉強する分にはいいが、「私は英会話学校に行っています」とアピールされても、別に評価はしない。なぜなら、英会話を勉強しても、活用する機会がないからだ」

このように考えています。勉強好きの人は、その勉強が仕事の成果につなかっているかどうかを考えてみましょう。

勉強することによって視野を広げるのはいいですが、仕事の成果を上げるために優先順位の低いことを学んでも、評価はされません。

松本順市(著) 『社長は君のどこを見て評価を決めているのか?
―――――――――――――――――――――★



一方で、ドラッカーは次のように述べています。

 

 

★P253〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

知識社会においては、継続学習の方法を身につけておかなければならない。

内容そのものよりも継続学習の能力や意欲のほうが大切である

ポスト資本主義社会では、継続学習が欠かせない。学習の習慣化が不可欠である。

P.F.ドラッカー(著) 『ポスト資本主義社会
―――――――――――――――――――――★



どうも、2つの本は言っていることが逆なような気がしますが、このあたりが、私の経験と一致しているような気がします。

他の会社ではどうかわかりませんが、ある人を評価するときには、その人の望ましい結果を出す能力、いわゆるコンピテンシーで評価がされます。

単年度は仕事の成果で評価をします。

 ・いかに業務効率の改善に寄与したか
 ・いかに部門の目標達成に寄与したか

ということですね。しかし、昇進昇格は「どれだけ寄与したか」ではありません。「将来寄与できるであろう」という期待値で決定します。

この期待値を決めるのに、「その人が勉強好きかどうか」は結構重要なポイントです。

■勉強するというスキル


過去記事でも何度か書いていますが、「勉強する」という行為は、生まれ持った才能ではなく、単なるスキルです。

その人がいろんな資格にチャレンジすること自体は、仕事に影響するものではありません。上記の『社長は君のどこを見て評価を決めているのか?』にもある通り、海外とやり取りすることがない仕事をしていて、TOEIC 900点を取ったとしても、何ら仕事の成果は変わらないわけです。だから、単年度の評価としては、その人の評価が上がることはありません。

しかし、「英語ができる」というスキルではなく、「英語の勉強ができる」というスキルは、つぎに仕事で新しいスキル「材料科学ができる」が必要になった時に「材料科学が勉強できる」というふうに役に立つ、と考えられるわけです。

■長期的には勉強するものが昇進する


結局、短いスパンにおいては、『社長は君のどこを見て評価を決めているのか?』で言うとおり、結果に影響したことだけを評価します。

一方で、将来性を見るような長いスキルでは、ある特定の業務をするスキルは評価対象にはなりません。
ポスト資本主義社会』などでドラッカーが強調しているように、継続的な学習能力のように、汎用的なスキル(ポータブルスキル)を持っているかで評価されます。

これは、TOEIC のように数値で評価できるものではありません。そのスキルを発揮して出した数値を多数集めて、そこから持っているスキルを類推するという形で評価がされます。
つまり、一発芸のように「TOEIC 900点を取った」ではダメで、次の年には「情報処理技術者試験に合格した」みたいなことを続けて初めて評価されるものだということです。



■参考図書 『ポスト資本主義社会



立ち読みできます立ち読み可
知識社会への転換期にある社会・政治・経済の変化の様相とその意味を明らかにする。1993年初版刊行でありながら、ドラッカーが本書で指摘したことは、まさに今この日本で起きていることにほかならない。今日を見るためだけでなく明日を見るための必読の書、明日のために今日何をすべきかを知るためにも必読の書である。

 

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

ポスト資本主義社会
著者 :P.F.ドラッカー
楽天では見つかりませんでした
ポスト資本主義社会
検索 :商品検索する




●関連 Web
 ポスト資本主義 | スリームデザイン
 3分間ドラッカー

●本書を引用した記事
 リスクマネジメント:4つのリスクに備える
 ドラッカー:人は、自らがもつものでしか仕事はできない
 勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する
 意思決定をする
 自分を律すること
 生産性を高める
 いかにして学び続けるか
 継続的学習の方法を身につける
 自分でしか成長できない
 継続的学習の重要性

●このテーマの関連図書


ドラッカー名著集7断絶の時代

ドラッカー名著集12傍観者の時代(ドラッカー名著集12)

ドラッカー名著集9「経済人」の終わり

ドラッカー名著集10産業人の未来(ドラッカー名著集―ドラッカー・エター…

ドラッカー名著集11企業とは何か

創造する経営者(ドラッカー名著集6)




■参考図書 『社長は君のどこを見て評価を決めているのか?



立ち読みできます立ち読み可
本書でお伝えしたいテーマは、ずばり「社員が知らない、評価と給料のホント」です。

あなたは会社に対して、こんな不満を持っていませんか?
「頑張っているのに給料が上がらない。どうして認められないのだろう……」
「自分よりも業績を上げていない同僚が出世していく。ダメなあいつのほうがなぜ!?」
よほどの大企業でない限り、それらはすべて「社長の評価」で決まるのです。
そしてそれを知っているかどうかで、あなたの会社人生は決まります。

 

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

社長は君のどこを見て評価を決めているのか?
著者 :松本順市

社長は君のどこを見て評価を決めているのか?
検索 :最安値検索

社長は君のどこを見て評価を決めているのか?
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 相手に聞く準備する合図を送る
 自分の評価を知る方法
 会議室の椅子を交換する
 社長は君のどこを見て評価を決めているのか2
 社長は君のどこを見て評価を決めているのか1
 若いアタマを維持する1
 会社訪問の受付での5つのポイント
 昇進したばかりの上司が部下との面談時に気をつけること
 学習する組織:マネジメントを学ぶよりも「話す」ことが効果がある
 学習する組織:「学習する組織」に最終目的地や最終的な状態はない

●このテーマの関連図書


上司はなぜ部下が辞めるまで気づかないのか?(Nanaブックス)

30日でつくれる人事制度、だから業績向上が実現できる―成果主義人事制度を…

「即戦力」に頼る会社は必ずダメになる(幻冬舎新書)


 

■同じテーマの記事

「覚えられない」は本当は必要としていない

「仕事に役立つと思っているのになかなか覚えられなくて…」たとえば、以前の私なら経営上の用語や略語、ROI, ROE, キャピタル・ゲイン, 401k, 経常利益, 純利益,利益率, ROA みたいな用語はすごく不得意でした。何度聞いても、やっぱり、「経常利益が〜」と言われると、「え〜っと、経常利益って、営業利益と営業外損益の合計で…」とか考えないと理解できない。いまでも得意とは言えませんが、それなりに意味は覚えましたし..

勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する

社員の評価をするときに、「いろいろなことを勉強している人」と言うのはどのように評価されるでしょうか。『社長は君のどこを見て評価を決めているのか?』という本に、「経営者は勉強好きの社員をこう見ている」という一文がありました。経営者は勉強好きの社員をこう見ている経営者は勉強好きの社員を「積極的でいい」と評価します。ただし、仕事の成果に直接関係のない勉強に励んでいる社員を評価しない経..

ソフトスキルを定義する

強み、弱みを定義しなさいよく自己啓発書などでは、自分の持っている強み、弱みを定義しなさいなどと書いてありますが、あなたはこれをかけますか?私は以前まで全くかけませんでした。自分の強みや弱みが理解できていなかったわけではなく、認識はできてました。しかしながら、それをいざ書きだそうとすると、・構想を作ってそれを関係者に説得するのは割と得意だなぁ・やりたいことに対して、実際的な効果をあるように見せることもできるなぁ・..

転職面接の質問にはこう答える!のヒント集

書類審査は通るけど、面接審査で落とされる、という話はチマタには多いようですし、ウチの会社も合格率はあまり高くないように思います。自分の実力がない?見当違いの会社を受けている?相手がイジワルな面接官だった?どれも少しずつ当てはまるかもしれません。しかし、筆者のこれまでの経験をべースだと、面接で失敗する理由は面接のポイント(面接官の意図)がわかっていないために、面接官の質問に対して「期待ハズレの答えと反応」をしているのだそうです。..