仕事を効率化するヒント

仕事の効率化のヒントと役に立ったビジネス書など

読みやすい文章は句読点と意味分節がうまい

 


ちょっと以下の昔話(ももたろう)を読んでみてください。

★――――――――――――――――――――――――――
むかし、むかしあるところに、おじいさんと、おばあさんがすんで、いました。

ある日おじいさんは、山へ芝刈りにおばあさんは、川へ、洗濯に行きました。
おばあさんが、川で洗濯をしていると大きな桃が、どんぶらコッコとながれて、来ました。
――――――――――――――――――――――――――★



こちらもどうぞ

★――――――――――――――――――――――――――
むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがすんでいました。

ある日、おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。
おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃がどんぶらコッコとながれて来ました。
――――――――――――――――――――――――――★



ただ句読点の位置を変えただけですが、後者のほうが読みやすかったのではないでしょうか。

注意したいのは

 意味の区切り

です。

次は、朝日新聞の社説の引用(元はこちらから)

 

 

★――――――――――――――――――――――――――
広島市北部の土砂災害で多くの犠牲者が出た。広島県では15年前、32人が犠牲になる豪雨があり、国が土砂災害防止法を制定するきっかけになった。その教訓が生かされなかったことは痛恨の極みだ。

今回、土砂が崩れた場所の多くは、法に基づく警戒区域に指定されていなかった。広島市が避難を勧告したのは災害発生後。現場では二次崩壊が起き、消防署員が亡くなった。

なぜこんなことになったのか。徹底した検証が必要だ。

積乱雲が急に発達し、1時間100ミリを超す猛烈な雨になったのは未明だった。とはいえ、土砂災害は、累積の降水量が大きく影響する。広島市では今月上旬以降、降水量が平年の3倍強。豪雨がピークを迎える前に、気象台から土砂災害警戒情報は出ていた。
――――――――――――――――――――――――――★



これの改行位置をちょっといじってみます。

★――――――――――――――――――――――――――
広島市北部の土砂災害で多くの犠牲者が出た。
広島県では15年前、32人が犠牲になる豪雨があり、

国が土砂災害防止法を制定するきっかけになった。その教訓が生かされなかったことは痛恨の極みだ。今回、土砂が崩れた場所の多くは、法に基づく警戒区域に指定されていなかった。

広島市が避難を勧告したのは災害発生後。現場では二次崩壊が起き、消防署員が亡くなった。なぜこんなことになったのか。徹底した検証が必要だ。積乱雲が急に発達し、1時間100ミリを超す猛烈な雨になったのは未明だった。とはいえ、土砂災害は、累積の降水量が大きく影響する。広島市では今月上旬以降、降水量が平年の3倍強。豪雨がピークを迎える前に、気象台から土砂災害警戒情報は出ていた。
――――――――――――――――――――――――――★



ちょっと引用が短いので分かり難いかもしれませんが、後者のほうが読みにくかったのではないでしょうか。
※文章は全く変えていません。

■意味で区切る


読みにくかった理由が、

 文章を読んで理解するときに意味のブロックで記憶している

という人の特性があります。いわゆる「チャンク」というのを作ってるんですね。

このチャンクを作る手がかりが、文章の塊なんですよ。
塊というのは、パッと見て文章がひとかたまりに見える単位。つまり、行で言えば空白行。1行の中で言えば句読点が塊を作るための空白を作ってるんですね。

このため、句読点や改行(空白行)が変な位置に置かれると、同じ文章でも短期記憶が混乱して意味が取りにくくなります。

だからと言って

★――――――――――――――――――――――――――
広島市北部の土砂災害で多くの犠牲者が出た。広島県では15年前、32人が犠牲になる豪雨があり、国が土砂災害防止法を制定するきっかけになった。その教訓が生かされなかったことは痛恨の極みだ。今回、土砂が崩れた場所の多くは、法に基づく警戒区域に指定されていなかった。広島市が避難を勧告したのは災害発生後。現場では二次崩壊が起き、消防署員が亡くなった。なぜこんなことになったのか。徹底した検証が必要だ。積乱雲が急に発達し、1時間100ミリを超す猛烈な雨になったのは未明だった。とはいえ、土砂災害は、累積の降水量が大きく影響する。広島市では今月上旬以降、降水量が平年の3倍強。豪雨がピークを迎える前に、気象台から土砂災害警戒情報は出ていた。
――――――――――――――――――――――――――★



みたいにあまりにも長い塊を作られても読む気が起きませんよね。

読みにくい人の文章は、こういう風に書かれていることが少なくありません。

話し言葉は、発音と間で決まる


話し言葉の説得力は、発音がいいことと、文章の間のとり方(句読点・空白行に相当)でかなりの割合決まります。

単調に原稿を読んでいる人は眠くなるけど、スティーブ・ジョブズが同じ文章を話すと、ギンギンに聞きたくなるんですよ。

発音が悪いと「シャチョー」が「車長」に聞こえたり「斜塔」に聞こえたりします。
聞いている人はそのたびに、文脈を解析してその単語を特定していかないといけないわけです。そうすると言葉は流れていってしまうので、次の言葉を聞き漏らしたりして、結局全体で何がいいたいかを把握し損なうことになるんですね。

アナウンサーはただ単に原稿を読んでいるだけですが(最近はそうでもないみたいですが)、知的に見えますよね。
滑舌のためのトレーニングをちゃんとしているから、というのも理由のひとつではないかと思います。


 意味のかたまり(チャンク)ごとに文章や発言を区切る

注意して使うと、「知的な」という評価がもらいやすくなります。
※別にボイストレーニング教室の回し者というわけではありませんが、一度でもボイストレーニングを受けたことがあれば、その違いは実感できると思います。

適切な句読点で区切るトレーニングをしましょう。
トレーニングには他人(私レベルではなく文筆業の人)の書いた文章を句読点の置き方に気をつけて読んでみる、自分ならこうすると考えながら書いてみるのが一番の近道です。

 

■同じテーマの記事

昇進面接:なぜ昇進が課長止まりなのか

毎年、社内の昇進昇格の面接官をやってます。課長止まり多くのサラリーマンは長年務めると、「長」のつく役職にあがるか、その直前くらいまでにはなります。ただ、そこから上に行くためには、かなり厳しい。いわゆる「ピーターの法則」ってやつですね。でも、それだけじゃないんですよ。いろいろな人の面接をしてきて、簡単に合格レベルだと判断できる人は実際ごくわずかで、結構みんな「ん〜。どうしよう」って悩みます。もちろん、ポストの数の問題というのもあります。課長以上のポストというのは簡単に..

昇進面接:申告書は隙間をコントロールする

転職では「応募書類」「エントリーシート」「履歴書」、昇進・昇格では「自己申告書」などと呼ばれると思いますが、「自分の職歴はで、こんな実績がある」とかくやつ、ここでは全部ひっくるめて「申告書」と呼びます。申告書の空白私は、申告書を審査する側になって随分になります。いろいろな申告書を見てきましたが、残念な申告書が少なくありません。今、思い出すと・自由記述のところに空白が多い・日本語として文章が成り立ってない・句読点の位置がおかし..

文章のコツ6:同じ言葉を使う

仕事で使える文章のちょっとしたコツをご紹介してます。どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。前回は「和語」「漢語」の記事でも書きましたが、同じような意味で2つの単語を使うと混乱を招く場合があります。同じ単語を使う時々見かけますが、同じことを言い表すのに異なる単語を使ってしまう時がありま..

文章のコツ4:「である」調と「ですます」調

どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。ちょっとだけわかりやすい文章を書くためのコツのひとつに、文体を揃えるという事があります。ネットで辞書を引いてみると、文体1 文章の様式。口語体・文語体・和文体・漢文体・書簡体・論文体など。2 その作者にみられる特有な文章表現上の特色..

文章のコツ1:接続詞の使い方で意味が変わる

どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。ちょっとだけわかりやすい文章を書くためのコツのひとつ、「接続詞」について考えてみたいと思います。当然ながら、文章というのは複数の文で成り立っており、少し細かく見ると、文と文がつながって出来上がっています。そこで文と文とをつなぐもの、それが「接続詞」です。この接続詞を正しく使えると、論理的..

読みやすい文章は句読点と意味分節がうまい

ちょっと以下の昔話(ももたろう)を読んでみてください。むかし、むかしあるところに、おじいさんと、おばあさんがすんで、いました。ある日おじいさんは、山へ芝刈りにおばあさんは、川へ、洗濯に行きました。おばあさんが、川で洗濯をしていると大きな桃が、どんぶらコッコとながれて、来ました。こちらもどうぞむかし..