仕事を効率化するヒント

仕事の効率化のヒントと役に立ったビジネス書など

書評メルマガを読む

 


あなたは、年間にどのくらいの時間読書時間があるでしょうか?

読書というのは、自分の成長に欠かせないものだというのは、多くの人が言われていることですが、じゃぁ振り返って自分がどの程度読書に時間を投資しているかのかというと、意外と心ないものかも知れません。

もし、読書が苦手とか、読書をしようとは思うが、なかなかできない、という方にちょっとだけヒントを。

■読書は習慣


私の場合、よく読書をするようになったのは、就職してからのことです。
それまでは、読書と言っても、大学の研究室で必要な資料を読むのが精一杯で、あとは音楽を聞いたり、友人と遊んでいる時間が非常に多かったです(特に私の時代はゲーセンの黎明期で…)。
それが就職してから最初についた上司から、「勉強しない奴は使わない!」と宣言されたので、やむを得ず専門書などを読むようになりました。

時々

 「いま何の本を読んでる?」「どういう内容だ?」
 「なんの勉強をしている?」「何がわかって、何がわからない?」

と訊かれるものだから、それに答えるためにはどうしても読まざるを得なかったというのが実際のところ。中途半端に答えると、徹底的に突っ込まれました。

さらに、私はソフト担当者に割り当てられたのですが、大学でやっていたソフトウエア技術はやたらショボくて実際の業務には使えず、自分で調べながらでないと仕事が進まなかったということもあります。

まぁそういう事情は人それぞれだと思いますが、読書が習慣化してしまうと、ちょっと暇があるときに本が手元にないと禁断症状が起きるのですよ。

 「よ、読む本がない……!」

となってしまって。
それで、技術系の月刊誌を購読するようになって、さらに一般週刊誌なども取るようになって、そこに書いてある参考図書(関連本)が気になるので、本屋さんに通うようになって…、とまぁほぼ泥沼状態。

とくに小説などの連作ものは、続きが読みたくて読みたくて我慢ができない。
※「グイン・サーガ」などは100冊も続いたので大変でした。

もし、あなたが自己啓発のために読書がしたいと思われるのであれば、1回限りバイブル本を読もうとするより、駄作(著者の方スミマセン)でいいのでとにかくいつでも本を読んでいるという状態を作るのがいいかと思います。

人間の脳は、繰り返しインプトットがあったことを記憶しやすくなりますし、一度読んだことのある内容だと理解がしやすくなります。だから、ある本を読んだら、そこに書いてある副読本や参考文献として紹介してある本をどんどん手に入れてしまうことです。

 

 

■強制プッシュする


「プッシュ」というのは、自分にその意思がなくとも自分に情報が入ってくるようにすることです。
無理やり口の中に食べ物を入れられる、という感じですかね?

プッシュのためには、メールがいいかと思います。

簡単にいえば、書評のメルマガをどんどん購読することです。

もしあなたが、読書の習慣を付けたいなと思ったら、この記事を閉じて、「まぐまぐ!」なり「メルマ」なりのサイトへ飛んで、「書評」と書いてあるメルマガに片っ端から登録しましょう。書評のジャンルは無視して

多くの方はメールチェックは結構頻繁にされているのではないでしょうか。
駅で電車を待っている時、ちょっと手が空いた時など。

これで、強制的に本の紹介を読むようになります。

タイトルだけ読んで、「興味なし!」で消してしまえばいいです(発行者の方ゴメンナサイ)。
ただし、メルマガの解除はしてはいけません。受信したらタイトルだけ見て削除するというのを自分に強制してください。

■興味がわく


こういったメルマガを発行している方は、読書量も非常に多いので、文章が上手な方が多いです。
つまり、興味を引きやすく書いてあるんですね。

1日に何十通もの本の紹介メールを受けていると、週に幾つかは、「お、これは面白そう」と思えるものに出会えます。そうしたら、本の要約部分を読めばいいです。要約を読んで、もっと詳しく読んでみたいと思えるものがあれば、それを注文すればいいです。

ポイントは、「読みたいな」と思ったらすぐに注文してしまうこと。

多くのメルマガは、アマゾンなどの注文先にリンクがついてますので、ワンクリックで注文できます。私の場合は、その本の表題をコピペして、図書館に予約依頼をしますので、ほんのちょっと手間が多いですが。

要約だけ読むだけでも十分にキーポイントは抑えられていますので、ほんの数分で知識が手に入ります。もちろん要約なので、本を1冊すべて読むほどのインパクトはないと思いますが、最初はそれで十分と考えればいいと思います。

■習慣になる


そうすると、本に触れている時間がどんどん長くなり、嫌でも習慣になります。
習慣になってしまえば、上に書いた私のように、「読む本がないと落ち着かない」状態も起きるようになります。

本の代わりに、この記事のような長文のメルマガも読書習慣には役に立つかもしれません。
ということで、もし、ここまで読んでくださった方が見えたら、私のメルマガにも登録してくださいな。

じゃ、また。

 

■同じテーマの記事

容量無制限で自炊本をクラウドに置く方法:自炊にはJPEG画像が最強なのかも

自炊した書籍を PDF にしてタブレットで読書、というのが自炊読書の定番のようなのですが、実はちょっと問題があったりします。大量の本を持ったときに、保存しておくところがない…と。もちろんハードディスクも大した値段ではなく、3TB で1万円ほどなので買えばいいだけなのですが、ローカルにあると「読みたい」と思ったときには自宅で準備しないと読めません。出先で「あ、あの本撮ったよな…」と思い出しても自宅に帰るわけにも行かず、「帰ってから読もう」になって、帰った頃にはもうすでに..

AutoHotKeyでアウトルックの操作を簡単にする

会社の標準のメールソフトはアウトルックです。このアウトルック、個人業務をする上ではオールインワンなので、メールだけでなく、タスクの管理やアドレス帳の管理までシームレスにできるというメリットは有るのですが、どうもキー操作が使いにくい…ショートカットキーを覚えようとしたのですが、コンビネーションキーが多くて面倒くさいです。で、AutoHotKey の練習も兼ねて、シングルキーでアウトルックの操作ができるようにしてみました。AutoHotKey最初に Auto..

通勤どこでも仕事術:本は電車にのる前に出しておく

通勤電車の中で勉強になる本を読む。いかにも勉強熱心なビジネスマンですね〜。現実はと言うと、電車が来るまでの待ち時間にスマホでゲームを始めてしまい、もうちょっとキリになるまで…。で、気がついたらもう目的地。あらら・・・。電車に乗る前に準備しなさい電車で本を読む習慣をつけるには、実は簡単な方法があります。それは電車待ちのときに、本を出して手に持っていることです。元ネタはこちら…..

文章校正のためのセルフチェックリスト

私は、頭のなかで考えるのが不得手なので、いろいろなチェックリストを作って Excel に書き出していて、色んな場面でこのチェックリストを見ながら、抜け漏れがないかをチェックしています。メールなどでも、報告書を出すときにでも、読みやすい文章を書くために、普段から文章は一度書いてから推敲する時間をとるようにしています。そんなときに役に立つのもチェックリストです。これがあると、ちょっとした枝葉末節の部分にとらわれずに、効率的に..

記憶術:応用を考え自分の現実に当てはめる

教えられたそのものを記憶していれば、高得点がとれた学生時代と違い、社会人の勉強は、本に書いてあることを完璧に覚えていても意味をなしません。使えない知識はないのと同じです。使える知識を蓄えるために、記憶をしようと思ったら、使っている場面を想定することです。応用できるか?たとえば、有名な「マズロー欲求5段階説」というものがあります。欲求段階説(よっきゅうだんかいせつ、..

角砂糖効果

「角砂糖効果」とは、疲れたときに角砂糖を食べると元気が回復する…という効果のことではありません。「連続したものを不連続なものにすると管理がしやすくなる」という意味で使います。元ネタは『脳を活かす!必勝の時間攻略法』から。連続したものは管理がしにくい確かに考えてみれば、連続しているものは、管理がちょっと面倒です。たとえば、本書にあるような「時間」。時間は、一般レベルでは最小単位は1秒で、それがず〜っとつながって1時間、1..