仕事を効率化するヒント

仕事の効率化のヒントと役に立ったビジネス書など

インパクトのある情報の出し方―認知的不協和を利用する

 

いろいろな資料を見ていると、「おっ!?」と目にとまる資料があります。
どんな良い提案をしようと、その提案を聞いてもらわなければ、意味がありません。

見た人が多くの提案書やメールの中で、その提案書を読んでみようと思えるためには、インパクトのある表題やメッセージが必要です。

■夫のち○○が…


最近ちょっと有名になった本で

 『夫のち○○がはいらない
※  実際は伏せ字ではありません。ずばり書いてあります。なにが伏せ字になっているかはリンク先でご確認を。

という本ですが、結構インパクトがありますよね。まあ、それだけでアマゾンベストセラーになったりはしないでしょうけど、タイトルの効果も否定はできませんね。

インパクトを出すには認知的不協和


ただ、仕事の提案書などにさすがにこういうタイトルは使えないのですし、コピーライター的な能力が必要です。上記の本も、そういう意味で結構考えられた表題でしょう。

普通のサラリーマンには難しいかもしれません。

が、実は、わりとだれでもできる簡単な方法があります。

 「認知的不協和

というやり方。

これは、一般的に「あたりまえ」と思われていることを、ズバッと否定してしまうのです。

 

 

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●「アレレ?」と思わせてイエスと言わせる説得の
    説得の技法「認知的不協和

自分にふさわしくないと思ったり、矛盾を感じることがあると納得がいかなくなります。
「なんで?」と混乱し、真意を知りたくなります。
 :
 :(中略)
 :
人は、何かの出来事に遭遇し、それが自分の考えていたことと違っていると、「何で?」と不快になります。

これを心理学では「認知的不協和」と呼んでいます。

この不快感を解消するためには、出来事への対処の仕方を変えるか、認識や考え方を改めるよりありません。

この上司は、部下の認知的不協和を利用して説得を図ったのです。

矛盾を解消してやるには、本人がなるほど――と腑にに落ちる何か別のロジックを用いてやればよいのです。

「会社は、仕事をするところじゃないぞ!」などと常識を覆すような、逆説的なことを上司が言えば、部下たちは一斉に「え?何それ?なんで?」などと注目してきます。

あとから、「会社はなあ、社会的貢献を模索する場なんだ」などと言えば、納得します。

近頃では「顧客の要望なんか聞くな!」といった過激な書籍タイトルなどに使われています。「なんで?」と認知的不協和状態を作られると、思わず注目が高まるからなのです。

神岡真司(著) 『思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
―――――――――――――――――――――★



コピーライターが書くような、印象に残る言葉を作るためには、センスや相当の訓練が必要ですが、常識の否定、つまり「あたりまえ」と思っていることを否定するのであれば、その「あたりまえ」に気がつけば可能です。わりあい簡単につくれます。

たとえば、本書にあるように「会社は、仕事をするところじゃないぞ!」でもそうでしょうし、「工数低減をするな」でも同じです。みんな「工数低減はいいことだ」と思っているところにこういうことを言えば、ちょっと注目します。

これで「イエス」を引き出せるかどうかは、その後の論理の組立て方次第でしょうから、そこまでは保証できるものではありませんが、提案などは聞いてもらえなければ賛成もしてもらえないですから、まずは話を聞いてもらえるようにすることも必要ですね。

提案にインパクトをもたせたい、自分の話を聞いてもらいたいと思ったら、「常識の否定」を作るところから始めてみると良いかもしれません。



■参考図書 『思い通りに人をあやつる101の心理テクニック



立ち読みできます立ち読み可
▼どうしたら思うように相手を動かすことができるのか?
本書に関心を寄せていただいた読者の方は
おおむね次のような不満を抱えているのではないでしょうか?

――どうしたら、部下が自分の思うように仕事をしてくれるのか?
――どうしたら、苦手な上司や取引先をラクラク攻略できるのか?
――どうしたら、気になるあの人に振り向いてもらえるのか?
――どうしたら、営業のクロージングでNOをYESに変えられるのか?

などなど・・・

「いったいどうしたら、相手を動かすことができるのか! ?」

人を自由にあやつることができれば、
私やあなたの毎日は楽になることでしょう。
しかし、そう簡単にはいかないのが現実です。

人生の成功者たちは「コミュニケーションの巧拙」が
地位や年収に結びついていることを、体験的に知っています。
人間同士で構成されるのが人間社会です。
人間心理を制するものが人生を制するのです。

▼即効性の高い実践心理テクニックを101本収録!
相手を「動かす」「あやつる」という行為は
けっして相手を「だます」ということではありません。
自分も相手も、狙った方向に気持ちよく向かわせ、誘導する。
そんな魔法のような心理技術が、この世には存在するのです。

そこで本書は冒頭に掲げたような不満を解消する心理技術を
厳選して計101本取り上げました。
心理学で検証・確立された理論をベースにした
きわめて実践的で即効性の高い心理テクニックです。

※決して悪用しないようにしてください。

ぜひ、ご一読いただき、すぐにでも実践すれば
その効果のほどをたちまち実感されることと、保証いたします。

この101のテクニックを駆使しさえすれば
思うようにならないさまざまな人間関係のイライラから解放されます!

↓特設Facebookページへお越しください
http://www.facebook.com/shinri101

 

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
著者 :神岡真司

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
検索 :最安値検索

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 不意打ちでYESと言わせる方法
 一拍おいてから話し始める
 反発心を利用して他人を操る方法
 褒めるのは難しいけど教えてもらうのは簡単
 ランチョン・テクニックで和やかに議論する
 部下の行動を改めさせる恫喝と一罰百戒
 部下に評価を伝える時には、良い・悪いを同時に言う
 限定と希少価値の心理法則
 インパクトのある情報の出し方―認知的不協和を利用する
 決定権限者の趣味・嗜好を検討する

●このテーマの関連図書


相手を自在に操るブラック心理術(日文新書)

面白いほど雑談が弾む101の会話テクニック(フォレスト2545新書)

ヤバい心理学(日文新書)

他人を支配する黒すぎる心理術

あなたの「影響力」が武器となる101の心理テクニック(フォレスト2545新書)

「しぐさ」を見れば心の9割がわかる!(王様文庫)


 

■同じテーマの記事

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつ..

褒めるのは難しいけど教えてもらうのは簡単

「エンハンシング効果」という心理学用語をご存知でしょうか?動機付け人にやる気を起こさせる「動機付け」には、2つあって「内発的動機づけ」と「外発的動機づけ」があります。これは言葉の意味どおりなのですが、自分自身の要因でやる気になる場合と、外的要因によってやる気になる場合です。この「内発的動機づけ」で有名なもので、「アンダーマイニング効果」というものがあります。要するに、内発的動機付けによって頑張っていたものが、外部からの..

上司のための心理学

本日は、部下を持った人、あるいは部下を持つ直前の人に読んでほしいビジネス書の紹介をします。まだまだ若い人で、部下を持つなんてまだだいぶ先のことだと思っている人も、本書にあげてある程度の言葉は、その概要と実際にどのように応用するのかについて、一つづつ勉強して置くとすごくいいです。というのは、本書に書いてある事柄がすごく網羅的で、それぞれの1節ごとに本が何冊かかけてしまえるくらいのボリュームを持ってます。なので、この本を読んだだけでは、初めての言葉は消化不..

人を動かす:人を説得する原則6:しゃべらせる

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ディール・カーネギー本日のお言葉:人を説得する原則:相手にしゃべらせるお言葉の出典:『人を動かす』本日のお言葉は、もう何回目でしょう…『人を動かす』から人を説得する原則6:相手にしゃべらせるです。説得したかったらしゃべってはいけない私のようなレベルでは、結構ハードルが高いのですが、本当の説得術というのは、相手に相手自身を説得させることを最高の手段にしている..

命をかけるに値するかを考えて議論に持ち込む

以前に失敗のケーススタディ:本来の望みという記事で、議論に勝つことが、自分の目標に対してどのような影響をあたえるのかを考えよう、というお話をご紹介しました。相手と意見が異なると、ついそこについて議論になってしまい、思わずヒートアップして、最後の結論は自分で顔をしかめたくなるような極論に行き着いた、なんていう経験もあったりします。あとで思い出すと、「オレって、なんてバカなんだろう」と嘆きたくなるのですが、そのときには我を忘れる状態で..

部下に評価を伝える時には、良い・悪いを同時に言う

誰かを自分の思っている方向に引っ張ろうと思ったら、使う言葉や順序に、相当気を使わないといけません。絶対いけないのは、思ったことをそのまま口にだすこと。まあ、子供じゃないんだから、そのくらいのことは当たり前だと思うでしょうが、案外できてない人が多いんですよ。問題は、どういう言い方が適切かを知らないこと。知っていても、瞬間的にそれを組み立てる訓練をしていないこと。…なのかもしれません。指摘する→褒める..